関西 奈良の見所

奈良のお寺と聞いてまず思い浮かぶのが東大寺大仏殿ではないでしょうか。
東大寺の境内には鹿がたくさんいるので、お参りの前後に鹿と遊んでいれば一日中楽しめる観光スポットになっています。
柱にあいた、大仏の鼻の穴と同じ大きさの穴をくぐると無病息災のご利益が得られるとのことですが、冷静に文章で見るとちょっと面白くなってしまいますね。
大仏様は盧舎那仏(びるしゃなぶつ)という仏像で、これは真言宗の本尊である大日如来と同じ仏様です。
両サイドに置かれている脇持、如意輪観音と虚空蔵菩薩にも注目してみると、なかなか面白い取り合わせだなと思います。
空海が真言院を建てただとか、血縁の道雄と空海が一時住職(別当)を勤めただとか、歩いて行けるところに空海が立てた、その名も空海寺があるとか、空海が三面六臂の大活躍をしていた時代の足跡も見ることができます。
車で参られるなら、唐招提寺や平城京跡も近いのでいろいろ回れると思います。

JRや近鉄を利用されるなら法華寺や薬師寺もオススメの名刹です。
奈良も行ってみると意外に広いので、回るスポットは事前に絞り込んで行くのがオススメです。

奈良といえば世界最古の木造建築である法隆寺は世界遺産にも登録されています。
生駒山に近い大和郡山近辺ですから、奈良市内からは少し離れていますが、是非一度お参りしてみたい筋金入りの古刹といえるでしょう。
日本最古の尼寺である中宮寺も近く、こちらは真言宗や天台宗が台頭する以前の、更に旧い日本仏教の面影を偲べるお寺だといえるでしょう。

奈良県の寺社は一説に10000近くあるといわれますから、数日泊まっていろいろ見て回れる贅沢なお寺参りがオススメですよ。

合わせて読みたい!関西・北陸編の関連記事
  • category
    関西・北陸編

    関西は古都京都に有名な古寺・名刹が多いため、観光で訪れたり、修学旅行で来られたりといった機会も多いものです。しかし関西のお寺は京都だけではありません。

  • category
    関西・北陸編

    京都 清水寺の紅葉いわずと知れた一大宗教都市である京都には、石を投げれば次のお寺の門前といわれるほど多くの寺社仏閣があります。特に有名なのが清水寺でしょうか。清水寺はもともと法相宗で、いまは独立した北法相宗大本山となっています。

  • category
    関西・北陸編

    北陸の古寺名刹といえば福井の永平寺でしょうか。曹洞宗大本山の永平寺は冬が厳しい福井県でもっとも有名なお寺だと思います。境内は広く、参拝者もたくさん訪れています。禅寺ですが比較的カラフルな軒下などが楽しめます。