関西 近畿の見所

京都・奈良以外のお寺にも見所はいっぱいあります。
まずは滋賀県にある天台宗総本山延暦寺です。
今でも1000日も山を駆け巡る行などが行われているお寺で、開基の伝教大師・最澄や弟子の慈覚大師円仁、傍流の弟子の慈恵大師(元三大師)良源など、有名な僧が多くたずさわっています。
今も塔頭や講堂などが拝観できますが、有名な織田信長の焼き討ちや火災などのため、開山から残っている文化財は少ないようです。
一大霊場として山間部の全てに仏教施設があるとイメージしていただければ大体合っているでしょう。
一日や二日では回りきれない多くの見所があります。

比叡山と並んで大霊場と名高い、和歌山県と奈良県の境目近くにある高野山も是非お参りしたい寺院都市です。
グネグネと曲がりくねった山道を車で抜けると、まるで隠れ里のように巨大なお寺がたくさん並ぶ盆地に入るので、何度お参りしても毎回少し驚きます。
中心となる金剛峰寺や高野山霊宝館という美術館では仏教だけでなく、さまざまな美術品を見ることができます。

実はこの二つの霊場の開基である最澄と空海は手紙などで大喧嘩していました。
ひとつは遣唐使として同じ時期に唐へ渡っていた最澄よりも、空海のほうが真言密教を多く持ち帰ったため、本を貸せ・貸さないけど教わりに来いという原因。
もうひとつは最澄が弟子と共に真言密教を教わりに行ったところ、優秀な弟子の一人が居ついてしまったという原因があります。
ほかにもいわゆるウマが合わないところがあったようですが、このあたりを調べてからお参りされると、とても面白いと思いますよ。

兵庫県の古刹もいろいろあります。
兵庫は西宮の神呪寺(かんのうじ)がオススメです。神を呪うと書きますが、これは神呪という単語で、密教の真言を指します。
天皇の側室が開基の尼寺だったそうで、いまは夜景スポットとしても有名です。
淡路島七福神めぐりや、門戸厄神(東光寺)なども楽しめますよ。

また、近畿といえば和歌山県東牟婁郡那智勝浦町にあり、西国三十三所第一番札所である青岸渡寺(せいがんとじ)があります。青岸渡寺など霊場を札所として巡礼するのは日本で最も歴史があると言われており、今も多くの参拝者が巡礼に訪れます。
ちなみに、霊場は札所と呼ばれますが、これは巡礼者が本尊である観音菩薩との結縁を願って、氏名・生国を書いた札をお寺の堂に打ち付けたことから由来するそうです。

合わせて読みたい!関西・北陸編の関連記事
  • category
    関西・北陸編

    関西は古都京都に有名な古寺・名刹が多いため、観光で訪れたり、修学旅行で来られたりといった機会も多いものです。しかし関西のお寺は京都だけではありません。

  • category
    関西・北陸編

    京都 清水寺の紅葉いわずと知れた一大宗教都市である京都には、石を投げれば次のお寺の門前といわれるほど多くの寺社仏閣があります。特に有名なのが清水寺でしょうか。清水寺はもともと法相宗で、いまは独立した北法相宗大本山となっています。

  • category
    関西・北陸編

    奈良のお寺と聞いてまず思い浮かぶのが東大寺大仏殿ではないでしょうか。東大寺の境内には鹿がたくさんいるので、お参りの前後に鹿と遊んでいれば一日中楽しめる観光スポットになっています。

  • category
    関西・北陸編

    北陸の古寺名刹といえば福井の永平寺でしょうか。曹洞宗大本山の永平寺は冬が厳しい福井県でもっとも有名なお寺だと思います。境内は広く、参拝者もたくさん訪れています。禅寺ですが比較的カラフルな軒下などが楽しめます。