東北・北部の見所

東北北部のお寺としてまず外せないのが青森県下北半島の恐山菩提寺です。
比叡山・高野山と共に、恐山を入れて日本三大霊場と呼ばれています。
メインになっているお寺は曹洞宗円通寺ですが、天台宗の最澄の弟子である慈覚大師円仁が開山したと伝えられています。
他の二つの霊場より少しだけ時代が若いですが、それでも平安時代初期の862年創建です。

宇曽利湖(うそりこ)という湖は極楽浄土の景色だといわれ、逆に霊場内に沸く複数の温泉はイオウ臭や熱気によって地獄だといわれています。
因みにこの温泉は無料で湯治に利用できます。

この地獄・極楽めぐりは恐山が天台宗の修行場だったころから重要視されていました。
恐山のご本尊は全国でも珍しい地蔵菩薩です。
悟りをひらいて天に上がれたにも関わらず、衆生救済のために弥勒菩薩が来るまで地上や地獄で修行を続け、魂を救ってくださるという仏様です。

イタコと呼ばれる巫女さんが霊魂を降ろす「口寄せ」は、恐山の周辺の土着宗教から派生したもののようです。
恐山大祭や恐山秋詣りなどのイベント時に出店のように集まられるとのことで、お寺へのお問い合わせでは詳細はわかりません。

岩手県では中尊寺・金色堂が有名ですね。
こちらも円仁が開き、その後奥州藤原家が引き継いだものとされています。
この金色堂に収められている藤原清衡、基衡、秀衡の遺体が即身仏だといわれることもありますが、即身仏は儀式的な手続きを踏んで僧侶がなるもので、最近の研究で死因が明らかになったこちらの遺体はただのミイラということになります。
金色堂は屋内にありますが、拝観料を払えば外観だけ年中無休で見られるようです。

他にも古いお寺はいくつかありますが、まず円仁が開いたか、もしくは奥州藤原家が関わっているとみて間違いないようです。
宿泊施設(宿坊)つきのお寺もありますから、北東北の古寺巡礼にぜひ利用してみましょう。

合わせて読みたい!北海道・東北編の関連記事
  • category
    北海道・東北編

    北海道恵庭市にある真宗大谷派の寺院。画像はWikipediaより。北海道にお寺が初めてできたのは他の地域に比べて新しいものが多いですが、最古と伝わるお寺はなんと1100年ほどになるといわれています。

  • category
    北海道・東北編

    北海道の最古のお寺は、平安時代に創建した有珠善光寺だといわれています。洞爺湖の近くにあり、なんと1100年の歴史を持つ古いお寺で、天台宗開祖の最澄(伝教大師)の直弟子である、「円仁(慈覚大師)」が建てたお堂が元になっているとのことです。

  • category
    北海道・東北編

    ウミネコの繁殖地として天然記念物に指定された蕪島の蕪嶋神社(お寺ではなく神社) 東北には飛鳥時代以前から今も続いている山岳信仰や、平安時代より前から伝わる修験道の聖地がいくつか存在します。

  • category
    北海道・東北編

    宮城県や山形県のお寺は羽黒山の山岳信仰が元になっているものが多く、また伊達政宗にまつわるものや、まつろわぬ僧だった徳一が関わっているものもたくさん残っています。