東北中部・南部の見所

宮城県や山形県のお寺は羽黒山の山岳信仰が元になっているものが多く、また伊達政宗にまつわるものや、まつろわぬ僧だった徳一が関わっているものもたくさん残っています。

宮城県仙台には伊達政宗の遺言で建てられた瑞鳳院があり、歴女の方の参拝が絶えません。
伊達政宗の二代後の仙台藩藩主伊達家の跡取り持宗が建てた輪王寺も仙台市の中にあります。
江戸時代から明治にかけて実在した商売繁盛の神様「仙台四郎」が祀られている三瀧山不動院も仙台駅から歩いていける距離です。

山形県の羽黒・湯殿山のあたりは今でも修験者が行きかう霊山になっています。
その山岳信仰と真言密教などをミックスした修験道でお参りできる名刹が、山形県鶴岡市の湯殿山総本寺・瀧水寺大日坊です。
修験者(修行者)しか入れない神秘のお寺も蔵王や月山、鳥海山などの中にいくつかあるようですが、女性でも簡単にお参りできるよう弘法大師が建てたと伝わっています。
湯殿山のお寺としては同じく鶴岡市の注連寺に秘仏として即身仏が伝わっているのも、仏教好きとしてはずせないかもしれませんね。
このあたりは豊富な温泉もたくさん出ていますから、お寺参りで歩きつかれたら湯治場や日帰り温泉を利用されるのもオススメです。
岩手県なら釜石大観音や牛若丸(源義経)の最期を祀る高館・義経堂も良いですね。

福島のお寺は多く、熱心なファンの方が特設サイトを作っていらっしゃることもあります。
福島県柳津町にある圓藏寺では、弘法大師が彫った虚空蔵菩薩を徳一が祀ったとされています。
会津のあたりは京都・奈良などと並んで「仏都」と呼ばれるほどの名仏像・古寺・名刹が多く、会津大仏や中央薬師、江戸時代に建てられた螺旋階段で有名なさざえ堂(正宗寺)もあります。
お寺好きなら数日泊まって贅沢にたくさんのお寺を巡るのがオススメです。

いまだに東日本大震災の爪あとが残り、沿岸部のお寺はなくなってしまったり、まだ立ち入り禁止の場合もあります。
お出かけ前に最新情報を調べたり、お寺に問い合わせされるのが良いでしょう。
復興の一歩一歩を踏み出されていますから、他地域からのお出かけ自体はお願いしたいほどオススメです。

合わせて読みたい!北海道・東北編の関連記事
  • category
    北海道・東北編

    北海道恵庭市にある真宗大谷派の寺院。画像はWikipediaより。北海道にお寺が初めてできたのは他の地域に比べて新しいものが多いですが、最古と伝わるお寺はなんと1100年ほどになるといわれています。

  • category
    北海道・東北編

    北海道の最古のお寺は、平安時代に創建した有珠善光寺だといわれています。洞爺湖の近くにあり、なんと1100年の歴史を持つ古いお寺で、天台宗開祖の最澄(伝教大師)の直弟子である、「円仁(慈覚大師)」が建てたお堂が元になっているとのことです。

  • category
    北海道・東北編

    ウミネコの繁殖地として天然記念物に指定された蕪島の蕪嶋神社(お寺ではなく神社) 東北には飛鳥時代以前から今も続いている山岳信仰や、平安時代より前から伝わる修験道の聖地がいくつか存在します。